個人的な考えと思い込み

2016年の12月28日からスタートしたブログ。思い込みと感想を交えているため読みにくい記事ばかりですがお付き合いくださいませ。

バレンタインでした

(アプリの不調で、写真掲載はできなくなりました。後、何故か送信したデータが消えたので書き直しです)

 

サーバーエラーですって。いつもないから驚いちゃった!

 

f:id:takekawashino:20170215000040p:image

 

これは酷いですね(´・ω・`)

 

サーバエンジニアさん、頑張ってください…!

 

ヾ(*´∀`*)ノ゛

 

今日はバレンタインで、私が呼び出して彼氏さんと会いました(笑)

 

 前日に早めに帰ってから作ったのですが、いつも私に酷評ばかりしてくる親兄弟から美味しいと言われたので、少しだけ自信のあるお菓子を作りました。

 

ただ、渡す前は自信がなくなってしまったので、彼氏さんの反応が少し楽しみであり、怖かったです。

 

彼氏「美味しいね。ありがとう」

 

この発言を聞いて、とてもホッとした後に、すごく嬉しくなりました。本当に彼氏さんの言葉にはご褒美性があって嬉しいのう。

 

あーん、しちゃった。すごく幸せだった。

 

やっぱり、彼氏さんの笑顔が好きだわ。今の私は彼氏さんを幸せにできているか不安だけど、彼氏さんを見ているとこちらは幸せになれるみたい。

 

彼氏さんがとっても素敵で、なんだかぎゅーってずっとしていたくなった。

 

それでね、彼氏さんと話している時にこんなことを言われたの。

 

彼氏「卒論発表が終わったら、研究室の掃除だなあ。」

 

この言葉を聞いて、彼氏さんが卒業していなくなるのが近いのがわかって悲しくなりました。

 

彼氏さん「席がなくなるから研究室から居場所がなくなるの。清々しい気分になる。」

 

そう言っていたけど、彼氏さんに少し思ったことを伝えて見ました。

 

私「でも、私はあの席で話をしてくれたあなたに片思いをしたいたわけだし、寂しいなあ」

 

彼氏さんからニコニコされちゃいました。すごく優しい表情をしていたので、とても幸せなの。

 

でも1つだけ言えなかったことがあって、彼氏さんから「過去に男の人と話した情景が伝わりそうで嫌だ」と言われそうで言わないのだけど、こんなものが。

 

先輩「武川さんがこの研究室に入ったらどの席のポジションにするの?」

私「私はあの席に行きたいんですよね」

先輩「なんで?」

私「他の研究室なのですが、私の尊敬していて憧れている先輩があの位置で作業していて。少しでもその先輩のことを思い出せる席だと、なんだか嬉しいなあって。」

先輩「へえ…」

 

一年半前に当時お世話になっていた研究室の先輩と話した際に、言っていたやりとりかな。

 

(彼氏に散々、男のいない研究室であることを言ってしまっていたので、二度と話せない空気になってる。自業自得だけどな!)

 

追記:彼氏から「そういうことは言って良いよ」と許可をもらえました。

 

一年半前から好きだったのかな…あの当時は「本当に見た目も声も性格も素敵な人相手と話せているのだから、彼女もいそうだし、恋愛感情で接するのはなんだかなあ」と思って、恋愛感情ではないと思ってたけど。

 

今は彼と付き合えて、当たり前のような存在だと時折勘違いしてしまいそうだけど、本当に付き合えてよかった。

 

自分の本当に素敵だと思える人といられるのは、本当に心が穏やかでいられる。

 

というか、こんなに幸せでいいのだろうか。

 

彼氏さんはどんな時でも優しいし、ちょっとたまにわからないことがあるけど、そんなところはこちらから受け入れたいなって思える人で本当に良かった。やっぱりうちの彼氏最高だわ。

 

優しいし、見た目も素敵だし、声も好きだし、傷つけてこないし、安心感を与えてくれるし、包容力があるし、趣味友としてもかなり優秀な人だし、わからないことを教えてくれるし、万能戦士かよ(真顔)

 

いや知ってた、すごい人でかつ優しいのも知ってた。よく私と付き合ってくれるなあってよく思う。そんな恵まれてる環境だし、今はとても幸せだなあ。

 

彼氏さんを好きだった人っぽい人をまた1人観測したので、その人を振り向いてしまわないくらいの魅力をつけなきゃなってまた思った。

 

素敵な彼氏と付き合うのもなかなか気は緩まないけど、緩まないからこそ尊重し続けられてるのかな。ありがたいことだ。

広告を非表示にする

国道駅から大黒ふ頭へ行きました

先日、彼氏と彼氏の誕生日にどこへ行こうかと話した折、彼氏から行きにくいかもと意見が出て没になった大黒ふ頭へ行きました。

その際に、彼氏さんが凄い雰囲気と観ることを勧めてくれた国道駅を通って歩いていこうということになりました。

国道駅とは、戦時中の銃弾の痕がそのままに残っている駅というふうに記述されていましたので、弾痕が以下ほどか気になっていました。

国道駅の駅プレートはこちらでした。

国道駅は、重々しい雰囲気をまとっているため、どんなものに対しても何かしらの(恐ろしい)要素を感じてしまいました。

最初にこの、鳥よけ?みたいなものを見たときに「下手なホラーより怖い」と思いました。

彼氏「降りてから国道駅らしさが出てくるからさ」

という言葉をもらい、鳥よけから先へ進みました。

細かいところを一つ一つ見ていると、国道駅のボロボロさが恐怖心というか物語性を生んでいるように感じました。

うーん、簡単に言えば、この古さが歴史を感じさせるというか。言葉がなんだか軽くなってしまうけども。

階段を見ても、なんだか古くて、それでいて清掃もそれほどされていないように感じられました。

国道駅のメインといえば、先程書いたように弾痕でしたので、彼氏さんと二人で弾痕探しをしました。

最初、私はこの金属の溶けたあとが弾痕だと思ってました(阿呆な発言)

そして、フラフラ歩いた後に「こちら側にないのでは」と二人で気づきました。

そして、彼氏さんの発見により見つけました!!

やったー!と言いたいところですが、見つけると「ゾワッ」とするような感覚になりました。

このばってん、数個見た気がするけど、意味はあるのかな?

なんだか恐ろしい。

これ、自己顕示欲で歴史をぶち壊してる愚か者アピールかな。

落書きもあったので、「心の落ち着かない場所」であることは、なんとなく分かりました。

国道駅は建物からメッセージを何かしら発されているような気がして、心にじわじわとモヤがかかるような怖さがありました。

戦時中の歴史と、戦後に居酒屋でガヤガヤしていたのかもしれないというある意味でいう騒がしさと、それがなくなったことによる虚無感。

それらを想像させられて、寒さが襲ってきました。

離れてみると、国道駅の記憶は少し遠ざかったように感じます(当たり前だ)

そして、あるき続けて大黒ふ頭近辺につき、見えてきたのが大山!!!

今度行くのですがめちゃくちゃ楽しみすぎて早く行きたい!!!

ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

私「私って最近、大山行きたいしか言ってないよね」
彼氏「うん」

そのくらい大山行きたい(?)

そして、ぼんやりと見える富士山!

彼氏「富士山は格が違う」

いつかのぼりたいなー!

(ノ´∀`*)

そんな私の戯言はおいておき、この大黒ふ頭はみなとみらいと青空がきれいに見える絶景でした。

写真撮れるところがおおひ。

また、スカイウォークとか言うところがあったらしい(過去形)ため、5日また再び素敵なものが見られるようになるかもしれません。

にゃりん!

鳥と猫が多くて撮りやすかったので、秘密のスポットにしようかなあ(ネットで言ってるのだめね)

彼氏と今日は、すごく歩いたけど景色の素敵なところに行けてよかったーって言い合いました!

彼氏さんが喜んでくれて本当に嬉しかった。

探してよかった!えへへ!

広告を非表示にする

酷いことをされた後に言われるのが

うちの家の人たちは、謝罪するのが嫌いらしい。別にそれについてはしかたがないかもしれないとは思うのだけど、素直に色々と言えないとか扱いが酷いとかそういうのでなんだかもやもやとする。

 

私に勢いよくぶつかってきた弟から言われた台詞はこれだった。

 

「ごめ…おい、お前かよ、謝らせんじゃねえよ。」

 

素直に謝っていたら、別に気分が悪くならないけど、ああ言われたら気分が悪くなる。

 

父も母も私に対しては、対応がひどかった。

 

でも、対応の差はないと言い張ってくる。ただ、理不尽なことをされた後に言われるのは以下のことである。

 

  1. 一番上なんだから耐えろ
  2. 子供なのに文句言うな(弟ならそう言わないのに)
  3. 文句があるなら家を出てけ

 

私に対して、人間だと思っていないのだろう。私は彼らのものじゃないのに、この発言はひどくないだろうか。

 

もう社会人になったら縁切ろう。知らない。

広告を非表示にする

温玉と醤油漬け生姜を混ぜると最高

温玉と醤油漬けの生姜を混ぜると最高な味わいという発見をしてしまいました。

 

母から教えてもらっただけなのですが(笑)

 

温玉はひとつ、生姜は適量で混ぜてご飯にかければ、最高の贅沢が楽しめます。

 

f:id:takekawashino:20170211172457j:image

 

醤油漬けの生姜のしょっぱさが卵の甘さを引き立て、卵の甘さが生姜の良さを引き立てます。

 

これだけでご飯が進む。

 

話を変えて安納芋を食べた話

 

f:id:takekawashino:20170211172701j:image

 

安納芋を洗った後は、思ったよりも紫色をしていなくて驚きました。さつまいもって割と紫色をしていたイメージがあるので、品種が違うのだなあと。

 

f:id:takekawashino:20170211172806j:image

 

1時間オーブンで焼いだ後の安納芋!

 

塩をかけると甘さが引き立って美味しかったです。

 

広告を非表示にする

貯金箱での貯金始めました

貯金箱でいつか貯金してみたいなと思っていたのですが、貯金したいのに貯金箱を買うのは嫌だなあって思ってしまいしばらく手を出せませんでしたが、ここにきてゲットしました!

 

(通帳で貯金はしていたのですが、通帳だと千円単位でしか貯金したくなかったので、財布にある小銭をすぐに使ってしまう傾向にあったのでした)

 

f:id:takekawashino:20170210191854j:image

 

じゃーん!!

 

100均の世界地図的なものです!

 

これで全て500円硬貨を入れると30万溜まるそうです。

 

小銭を入れていこうと思っているので、別に30万という目標はないので、ここは特に興味はないかなあ。

 

30万貯めたいという野望とかではなくて、いつも使う小銭をちまちま入れるとどの額になるか気になってました!

 

後は、続くくらいのんびりと貯められたら楽しそうだと思って!

 

貯まったらそのまま貯金かなという夢のない話ですが、たまりきったと思ったらどのくらいの額が貯まったかご報告します!

広告を非表示にする

悲しさがある

どんなに聡明な人でも、上辺だけで騙されることがあるようだ。

純粋な人は見た限りの姿しか見られていないから、汚いところを伝えたとしても傷つくのを眺めるしかないのかもしれない。

私の言葉は主観なのだから、自分の目で見た本物を信じるというスタンスだろうから。そういう自分の目を信じる心はすごく尊敬するし、彼らの優しいところだと思う。

その特性をを、悪用した形で使う人もいる。優しい人を傷つけたり、利用するためのものとして使う人がいる。

そのたびに、傷つくさまを見るしかないのか…

それがたまらなく辛い。

私は彼らには警告しかできないし、私は心を守ることすらできないようだ。

私は無力なのだろう。

彼らを助けることができない、願うことしかできない。それがたまらなくつらい。

汚い心の人からの攻撃で傷つきすぎて、ひどい心の人は目に見えるようになってきた。

感性が、警告してくるの。これはやばいということを。

上辺で人を操ろうとしたり、崇めさせようとしたりする(そういうやつに限って本質的に頭の悪い)輩が、私の尊敬している相手に付け入っていたり、上辺だけのもので判断してたりするのを見るとかなり悲しい。

その上辺だけで優しくしてきている、汚い心の相手に「この人は優しいな」と思う、清らかな人を見ていて止めたくなる。

でもそれは余計なお世話なのだ。

彼らの見る目をないというような、そんな彼らの自尊心を傷つけた挙句、自由な関係を他人である私が束縛しているのはよくないのだ。

これはある意味でいう嫉妬なのだろうか…
(純粋に彼らのような汚い心の人が、きれいな心の人を汚くしようとしている姿を見るとすごく悲しいのだけど…)

神聖なものを汚い手でぶち壊された気分になる。お願い、お願いだからこの汚い世界で珍しい綺麗な心の人たちを汚く染めないで…

私のことを傷つけてもいいから、貴重な心の清らかな人だけは傷つけないでと思っている。

見るのがとても耐えられない。耐えきれなくなると、心の汚い人に対して殺意まで出てきてしまう。

神聖な領域だけは汚さないで…

某人が、○○のやつとつるんでるオレつえーをしていたからさ。

俺つえーの道具に、神聖な領域だけは使わないでとも言えないくらいには、神聖さは終わりを迎えていた。

某人は、おそらく自分を強く見せたいがための自慢の道具として○○に参加したいのだろうけど、○○は汚い心や自慢話のための向上心を認めるところなのだろうか。

頼むから、聡明な審査員方が人の本質を見極めて欲しい。

○○だけはそうでないと私は信じているが、言葉尻しかわからない世界だと某人が○○に通ることもあるだろうし。

全てにおいて見守ることだけしかできないのはわかっているからこそ、ネットにだけは泣き言をかけてありがたかった。

広告を非表示にする

等々力渓谷に行きました

等々力渓谷に行きました。今日は雪の予報だったので、かなり寒いし人がいない!

 

f:id:takekawashino:20170209170048j:image

 

小雨が降ってました。

 

f:id:takekawashino:20170209170240j:image

 

橋が結構見てくれの良いところで、すごく写真スポットでした。

 

 

 

ただ、ピンと来るような被写体は渓谷内にはなかったかも。

 

 

下からアングルだと、渓谷に生えてる高めの木を写しやすいのでオススメ。

 

f:id:takekawashino:20170209170414j:image

 

あ!彼氏さんが一眼で写真を撮ってる姿を見るのがやはり最高でした。

 

f:id:takekawashino:20170209170940j:image

 

渓谷というので、大自然に入れている気分になるかと思いきや、割と23区内で少しだけでも自然の中に入れてよかったね(こなみかん)的な気分になるスポットでした。

 

彼氏「家とか見えるとやはり、23区内だなあって思っちゃうね」

 

大自然の中なら、そういう俗世的なものはなくなっていそうですものね。

 

「ここは都内にしては広めの自然だけど俗世を忘れられるスポットではない」というのが私の本音。

 

何よりゴミが結構落ちていて、気分は自然に入られているというよりかは、人間の醜さを思い知るようなそんな感じになりました。

 

f:id:takekawashino:20170209170908j:image

 

落書きもあるしね…

 

自然を愛する心があれば、自然を破壊しようと思うことはないように感じる。自分勝手だから、ゴミを捨てようと思うんだろうなあ。

 

醜い人間が自然を破壊するのだと理解できる、ものを考える良い機会になったように思います。

 

その点でいうと山は大自然って感じで、心も清らかになるしすごく素敵なのですよ。

 

彼氏さんに「山へ一緒に行きたいな」って言ったら「すきー」って返ってきたww

 

今度一緒に山に行く予定なの!どや

 

話を戻そう。

 

渓谷はゴミの映らないアングルで写真を撮ってたら楽しかったのですが、細い道を歩いた時にアクシデントが…

 

なんか急に頭がふらっとして足がもたつきまして…

 

か、川に落ちる!!

 

彼氏さんに助けてもらいました…彼氏さんが体を支えてくれて本当に助かったのでした。

 

彼氏さんイケメンすぎる…。゚(つД`)゚。

 

大丈夫?って心配してくれる彼氏さんの優しさが惚れる(n度目)

 

f:id:takekawashino:20170209171031j:image

 

こんなところもありました!

 

f:id:takekawashino:20170209171049j:image

 

神社かな?

 

その後

 

私たちは小雨にやられながら、某所の夢庵に行きました。ランチの天丼がとてもおいしかったです。

 

f:id:takekawashino:20170209165941j:image

 

その後に、夢庵に人が少なかったこともあり、今後の計画を立てましたの(*ゝωб*)b

 

後は、作業かな。その後にも場所を移って作業でした。

 

f:id:takekawashino:20170209165907p:image

 

雪ですねー!!

 

さて、どうやら私たちは、今月もまだまだデートするみたいなのー!

 

これからもまたデートする機会があるぞー!わーい!

 

彼氏さんが卒業するまで、しばらくは会えるうちに会おうというスタイルでいるみたい!

 

卒業してからは、週一で会えたら良いなって!

 

四月からもまだまだ惚気られそうかもw

 

最高の彼氏とずっと幸せに過ごせたら良いなあって思いました!

広告を非表示にする

久しぶりの惚気

最近心にゆとりがなかったようで、惚気を書くことができませんでした。

 

惚気を書かなかったとしても、いつもうちの彼氏は素敵だとふふふと思ってましたのよー。

 

そういえば、彼氏と新宿の箱根山というところへ行ってきました。

 

f:id:takekawashino:20170208144343j:image

 

彼氏「俺の知ってる箱根山じゃない」

 

なんかああいったあとに「本家箱根山のいいところ」を教えてくれる彼氏かわいい。

 

箱根山いつか行こうねーって言い合ったの!どや!

 

この箱根山はなんで箱根山なんだろうねと話していたら、すごく楽しかったです。

 

昔、徳川さんに人工的に作られた歴史があるらしいから、徳川さんが「箱根山行きたい気分を紛らわせるために、(写真もないし)作るか」とかいう工学系にありがちなものづくり精神で作ったのでしょうか。

 

f:id:takekawashino:20170208144734j:image

 それっぽくみえなくもない???

f:id:takekawashino:20170208144741j:image

彼氏さんがこの角度が一番山っぽくていいっていってた!

f:id:takekawashino:20170208144854j:image

山にあるものらしい。ああ、ここも山なのか。

 

f:id:takekawashino:20170208144944j:image

 

標高は山というよりかは丘のようです。

 

うちの近所の山の方が高い説がありますね( ^ω^ )

 

f:id:takekawashino:20170208145143j:image

 

一応地図です。行かれる時はどうぞ!

 

惚気本編

 

というのもね、彼氏さんに最近とても多くあってもらってしまって、忙しい中ラインも送ってくれて、すごく優しいのです。

 

寂しいなとはたまあに思うけどさ、いつも忙しい中会ってくれてるのだから我儘だし言わないのー。むしろこの時期に会ってくれている幸せを噛み締めてる!!

 

研究発表も佳境だろうに、私が連絡を送れば返してくれる彼氏さん。

 

疲れてそうなのに「えへへ」みたいな感じでいてくれて本当に思いやりで溢れてるのよね。

 

疲れてる時に癒せる存在になりたいなって思う。今の自分はできてない気がするけど…

 

発表で大変そうなのを応援しかできないの、まあ相手の立場を変わることができないから当たり前だけど、何もできないからこそ頑張ってほしいなと思った。

 

彼氏さんずっと頑張っていたから、すごく応援しちゃう!

 

なんだか今は忙しそうだし、すごく相手を思いやりたいなって思いました。

 

あと少しだけ

 

私もそろそろ色々と始めないとなので、鼻が痛い、眠い、アレルギーで死ぬと思う前に、何かしないとなあって危機感が生まれてしまった!

 

いや、もちろん危機感は大切よ。むしろない方がひどいよ。

広告を非表示にする

名著と呼べる本を紹介してみる

私の人生をかけて読んだ本の中で、名著を書いてみようかなと思って、書いてます。本当にこれだけはお金を払って良かったという本だけ厳選。

 

エバンジェリスト養成講座

 

f:id:takekawashino:20170208112159j:image

 

私の尊敬している日本マイクロソフトエバンジェリスト西脇資哲さんの本です。

 

本当は「プレゼンは目線で決まる」を買いたかったのですが、在庫がなかったのでこちらを購入しました!!!

 

こちらも素晴らしいのですよ!!!

 

プレゼンは目線で決まるは図書館で読みましたが、手持ちで欲しくなるくらいすごく参考になりました。

 

しかし、西脇さんの本は手が出しにくい値段なので、買うのに勇気がいりますよね…

 

ただ、西脇さんの本はどれも買って後悔しないためになる本しかないです。(学生にはかなり高いけど)

 

プレゼンは目線で決まるの際の西脇さんのプレゼンの話は、ためにならないところがないくらい最高の本でした。

 

この本もプレゼンでどうすれば人にピンと来るように伝えられるか、そのテクニックが書いてます。

 

「プレゼンは目線で決まる」を手持ちで持っておきたいくらいなのですが…(私の最寄の本屋には在庫がどこにもない)

 

論語

 

f:id:takekawashino:20170208112855j:image

 

論語道徳心と倫理観の大切なところを教えてくれる、小さい頃に読みたかったと後悔するくらいの名著。

 

歴史の授業を思い出す限りだと、孔子とかいうすごい人のすごい本ですが、歴史で紹介された理由は読めばわかる。

 

歴史で紹介されるのはさ、昔の本だと名作中の名作だけなのよね。流行ならこの時代まで残らないから。

 

歴史であんなに先生が教えてくれたのに!!!価値がわかるのは大人になってからなんて!!!勿体無すぎる私の人生!!!!!

 

この本は一流の人が一流たる所以がよくわかる。

 

子供だと「そんなもの価値あるの?」って思うかもですが、結局成長してからこれを読むと「こういう精神でありたいな」と思います。

 

一流になりたければこれを読めばいいと言えるくらい、本当にすごい人はこんな思想をしてるよねをかき集めてる。

 

私の周りのすごい人と言える人たちは、大体みんな論語のような行動を取るし、そういう考えの人が多い。

 

特徴がわかると自分でも実践できると思うから、憧れのすごい人になるために上辺だけの行動をするなんて馬鹿な真似はしなくてよくなります。

 

ねえ、ネットの馬鹿みたいな文(例えば私のブログのような存在)を読む前に、これを読もうよ。

 

ネットの言葉よりかなり重いからさ。

 

武士道

 

f:id:takekawashino:20170208113444j:image

 

新渡戸稲造が何故昔の5000円札の人なのか、すごくよくわかるはずです。

 

この人すごい人なんだなって、言葉を見ればすごくよくわかるもの。

 

真理が見える人の言葉って、愚か者で感情的な時は意味がわからないけど、理性を取り戻すとすごく面白くて温かいものです。

 

昔のすごい人と対話することができるのは本だけなのよ。あちらの言葉を吟味してこちらで語りかけるように言葉を吸収して、自分のものにするのすごく良いと思う。

 

さて、武士道ってなんよって話ですよね。

 

日本の高貴な思想である、武士道とはなんたるかがわかります。

 

これ、論語の精神にも通ずるので、立派な高貴な人は共通項があるんだなというのがわかるんです。

 

「日本人たるや、こういう精神で進めば良いよ。若者よ。恐れないで、大丈夫。」っていう新渡戸稲造の真心的なメッセージが伝わります。

 

 一読して後悔はないと思います。

 

Cの絵本

 

f:id:takekawashino:20170208113859j:image

 

情報工学に進みたい奇特な人がいた時に、これをお読みと差し出したい素晴らしい本。

 

これで情報系に進むか決めてほしい。

 

工学が適性でないとき、自分の道に後悔しないで済むからさ。

 

適正じゃなかったらおやめ。

 

適性ならこれを読んで「工学は楽しいのだ。プログラムの道に行こう」と思いそうです。

 

まあでも、私みたいな適正でない人にも、これは救いの手を差し伸べてくれます。

 

自分は工業高校時代にこれを読んで、ようやくプログラムとはなんなのかを理解できました。

 

工学が辛くて死にたい学生にもこちらはお勧めできます。

 

未だに詰めは甘いのですが、こちらで復習します(遅い)

 

菜根譚

 

f:id:takekawashino:20170208114338j:image

 

菜根譚は、一流の思想たるは何かを求めてる作者の「こうありたいな」という言葉が書いてて、ぐさっとくる本。

 

結構最近の本(と言っても200年近く前なのかな?)なので、親近感が湧くかも??

 

でもこの作者にもやはり迷いというものがあるみたいで、かなり人間臭い。

 

1つ1つが全て短い構成なので読みやすい。

 

論語はたまに長いからね。

 

論語とともにお勧めです。かなり面白い。

広告を非表示にする

私はああならないでおきたい

Kさん THE FINAL〜終わりの始まり〜

参考 どうなるのか気になるところだけど - 個人的な考えと思い込み

ふざけました。



某氏から聞いて面白かったことが1つ。

あの人は研究をしなかったのに、どうやらこちらは恨まれたらしい。自分の与えられたところを、何もしなかったことについて、何も言われなかったし…というか、自分で書いても作ってもないプログラムを論文で流用しておいて、お礼も言われなかったね…

利用しておいて恨むのか…

研究手伝ってほしいならこちらが提示した時間に来てほしいものだったなあ。毎週平日2日間は開けたのに。これで恨まれたとは。

これが一番ロック

手伝ってもらう側は、上から目線で見ちゃいけないと思うよ。

手伝ってもらう側って、高校時代も大学時代もみんながみんな、手伝わせる側について不満を言っていたのよ。

もちろん、そういう人が多いわけではないけれど、手伝ってもらうのが当たり前だと勘違いすると、途端に偉そうになるね。

当たり前なんてないのにね。

それと、論文を自分の実績で書かない人は、何がしたいのだろう。

自分で開発したものだと言ってるのに、わかりませんなのかな。

開発者って自分のプログラムの仕様がわからないものなのかな。

…誰かにさせただけでしょう。

小保方さんになりたいのかな。

私、大学二年で色んな論文のために他人を利用する人たちを見てきたけど、汚いなあって思えた。

自分は正当な実績で勝負したいとも思えた。彼らのように上辺の実績で自分を騙したくない。

自分はそういうふうでいないようにしようと思えた。

戒め。

広告を非表示にする