読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的な考えと思い込み

2016年の12月28日からスタートしたブログ。思い込みと感想を交えているため読みにくい記事ばかりですがお付き合いくださいませ。

ライバルはリスペクトするもの

恋においても勉強においても、何においてもライバルと認められる存在に対しては敬意を払うべきだと私は思います。

恋においてのことばかり書いてるブログなので、恋の話を書いておきます。

K*1のことはライバルとしてリスペクトしています。

惚気なのかな? - 個人的な考えと思い込み

もちろん、今後ともに出てくるであろうライバルがいてもその方々はライバルとして認め、尊敬していくつもりです。

まずはじめに宇宙一俺得な素敵すぎる彼氏を、好きだと思う人がいて当然だと思うのです。

だって私も好きだもん!

同じものが好きな同士としては、あなたも素敵だと思うのですねという感想をいだきます。

後、見る目あるね!とも言えます。

もちろん、彼氏にも選ぶ権利がありますから、ライバルに振り向かせられたら、抵抗せずに別れる必要があると思います。

私にとって宇宙一俺得な彼氏さまでありますから、一番幸せであってほしいのです。幸せにできる相手が私ではない場合、移り変わる必要はあると思います。

それは仕方がないことです。

タイミングが私のほうが早いからと言って、後の人が不利とか、後の人のほうに文句を言うとか言うのはライバルの方にとってもフェアではありません。

ただ、私なりの抵抗としては、宇宙一素敵で魅力的で俺得な存在の彼氏が、私のもとで一番幸せだと思ってもらえるくらいの努力はしたいし、ずっと笑顔でいてもらうくらいの頑張りは見せるのよ!

彼氏を更に幸せにしようと思う動機になるから、ありがたいのよ。自分の行動も反省できる時間にもなるし。

その上で彼氏が他の人が幸せにしてくれると思ったら、頑張ったのだし諦めないとね。

こんなに自信を持って信用できるのは、彼氏が魅力的であることもそうなんだけど、一番は彼氏が信用させてくれる空気を持ってくれていること。

浮気しないだろうという圧倒的な安心感も持ってるの。

だから、想ってる私も幸せだし彼氏さまさまなのよ。本当にありがたいことなの。

彼が優しくないとここまで幸せでいられないからね。横暴な人なら私を利用したり、傷つけてきたりするけど、彼はそんなことをしないから。

そんな彼は存在から魅力を発してるから、やはりライバルはいるのだろう…ふふふ…

*1:詳しくは下記リンク参照

広告を非表示にする