個人的な考えと思い込み

2016年の12月28日からスタートしたブログ。思い込みと感想を交えているため読みにくい記事ばかりですがお付き合いくださいませ。

好きで要られるのは

すぐ付き合うのが終わるとか、すぐ相手に対して飽きてしまうとか聞いたことがある。

昔は私もそれについては同意できる立場だったけれど、今はそうではないと思う。

本気で好きではないから、飽きちゃうのではないかな。ぼやけた好きという形だと飽きてしまうのは無理はない。

本気で好きな相手ならたとえ相手が振り向いてくれなくても、何年でも飽きずに片思いできるのは人間ではないかな。

ドルオタはそれを証明してくれている気がする。

私にとって、彼氏さまはアイドルのような存在なのやもしれないです。

付き合う1年前から素敵だなあと思っていましたので、たまに冷静に「私、(彼氏の名字)先輩と付き合ってますやん…」って付き合う前の心を思い出してうわあああとなります(えへへ)

半年しかまだ付き合っていないけれど、宇宙一俺得な素敵すぎる彼氏さまと付き合っていて飽きは来ないし、どんどんと知りたくなるし、ずっと愛でていたいと思うような存在なのだ。

そんな魅力的な人と付き合ってると、魅力のある人は全然飽きないし、むしろずーっと一緒にいたくなる感覚だなと感じた。

飽き性だと好きでい続けるのは難しいというわけではなく、人間ずっと好きでいられるものはあるけど、それに出会えてないというのがあるのではないかな。

この人が本当に魅力的で、この人といたいって人って、告白する前の私を思い出すと「ここまで魅力的だと私とは付き合ってくれないな」という感想を抱くし、妥協して他の人と付き合うかとも思ってしまうことがある。

でも、妥協は幸せになれないし、本当に好きなら好きな人に当たって砕けるのはいいかもしれない。

見えてくることがあるかもしれない。何事も、恋愛経験が不足してるのかしらないけども、相手から来ると思って待機するのではなく、自分からやってみないと始まらない。

これは、生きていくうちもそうだと思う。

数々の魅力的だと思った人に告白して玉砕した私が言うんだから、間違いない?かも!

今は本当に幸せになったよ。

(以降とんでもない惚気?)

当たって砕けようとしたら、受け止めてくれた彼氏といっしょにいられてるからかな。

彼は優しくて温かい人で好き。

そういう人といられるようになるためにも、自分磨きもして釣り合わなくても声をかけて平気かも!ってレベルまで自分を持っていけたら最高かなって今まで頑張ったのが報われたのかも(?)

幸せでいて嬉しいから、人も幸せでいてほしいな。

広告を非表示にする