読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的な考えと思い込み

2016年の12月28日からスタートしたブログ。思い込みと感想を交えているため読みにくい記事ばかりですがお付き合いくださいませ。

ピクニックをしました

今日は彼氏さんとピクニックに行きました。お山に行きました!

 

f:id:takekawashino:20170128215005j:image

 

梅を見ることができたー!わーい!

 

しかしまあ、その梅を見ている時に凄まじい一家と遭遇しまして、中々にドン引きしてしまいました。

 

梅の枝を無理やり引っ張ったり、親が木に乗させたり、花を散らせたり、行動から品性を感じないものがありました。

 

品についてはもうとやかく言わないでおきますが、それ以上に道徳心や倫理観を親が教えないのは子どもが将来恥をかきかねないなと哀れなものを見る目でしか見られませんでした。

 

私が親から教えてもらえなかった子どもなので、同じことを繰り返す人が生まれることが可哀想で仕方がない。

 

母親が枝を折りかけてた子に「こらー(笑)まてー(笑)」みたいな感じで言っていましたが、何故怒っているのかの理由をきちんと説明していないため、子どもも怒られている理由がわかっていない感じでした。

 

子どもって、経験が不足しているとか考える習慣を親が身につけさせていないと、何が間違っているのか理解できていないので、親は最低限の答えを提示すべきなのだと思う。

 

彼氏さんと「怒っている理由を明確にしないとただ怒られて嫌なだけとしか認識できなくて、改善することができないよね」と会話していました。

 

さて、その後に彼氏さんにカメラをかしつづけていたら、すごく素敵な写真を撮ってくれていたので、本当にテンションが上がりました。

 

やはり、ある程度の感性を表現するためには、少し機能の良いカメラを使うと最大限に表せるのかなった思いました。

 

だって、どんな写真でも彼氏さんのものに対する視点がわかるから、テンションが上がりました。

 

プロはおもちゃでもすごい写真が撮れると聞きましたが、それほどまで極めることがないのなら、自分たちが素敵だと思えるレベルまで上げてくれるカメラの方がいいかもって。

 

ここでは出しませんが、本当に素敵な写真が多かったので、また一緒に見るつもりなの!

 

そして、二、三月に彼氏さんと山に行こうねと約束したのですよ!!!ドヤア!

 

その時も一眼をかして、彼氏さんに素敵な写真を撮ってもらいたいなって思いました。

 

一眼をかしたいと思った人は初めて出会ったの!えへへー。

広告を非表示にする