読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的な考えと思い込み

2016年の12月28日からスタートしたブログ。思い込みと感想を交えているため読みにくい記事ばかりですがお付き合いくださいませ。

1ヶ月続けてみて

ちょうどこのブログは1ヶ月ほど続いております。

 

いつもご観覧いただく皆さん(そんな人いない)の支えがあってここまで成り立っております。

 

本当に感謝してもしきれません!

 

…というのは置いておく。

 

さて、1ヶ月ほど続けましたが、私のリハビリには本当に良かったかもしれないです。

 

数ヶ月ほど、薬の副作用で記憶が飛んでいる人間なので、こういった記事を書くことで少し前の自分が何をしたのかが理解できるみたいで。

 

考えられない脳の人は、いっぽひくのよさそう

 

結構、薬の副作用はキツかったです。体も心も参っちゃって、記憶が飛ぶほどキツかったけど、今はもう記憶が飛ばないくらいには病気は落ち着いたみたい。

 

支えてくれた彼氏さんには感謝してもしきれないな。

 

本当に精神的にやられたけど、サボり魔で寝坊魔の称号をいただいただけで済んでて、しっかり者だと思われてないだけ肩の荷は重いわけでないし、楽な立場ではあるんよね。

 

流石にとある病気の療養は彼氏さん以外には誰にも言えなくて「サボってすみません(笑)」みたいな感じでした。

 

辛くても誰にも言えないのはキツかった。親も親というよりかは、モンスターをみてる気分だから。

 

後、3ヶ月って大きいな。

 

というのも、3ヶ月で同じ土俵だった人からかなり抜かされているのがわかる。

 

ああ、私はサボったのではないかと。

 

それが死ぬほど精神的に参る。

 

病気なんて多分言い訳なんだろうなと思うと、自分の半年が無意味だったのではないかとか思うんだけど、それでも彼氏さんがずっと支えてくれたし、友人たちには事情については何も言えなかったけど、とにかく呆れられながらも支えてもらって感謝してもしきれないし、この半年を無意味だと認めてはいけない気もする。

 

無意味だと決めてしまったら、人のサポートまで無意味だと言ってしまうように感じるから。

 

(´-ω-`)

 

といいつつもね正直、ブランクはきついです。

 

誰にも本当のことを言えないで、ただただブランクとか挫折とか言えないわけだから、自分で立ち上がって見ないとだとは思う。

 

病気なんて多分、言い訳に過ぎないのもわかる。

 

ただ、3ヶ月前と圧倒的に変わった点があるのは、自分を本当の意味で客観視と受け入れをできるところかな。

 

自分の本当のレベルもわかるようになってきて、これはできない、これはできるというところがすべてわかる。それだけで少しだけど進歩なのかな。

 

3ヶ月前は客観視したつもりでも、自分の不甲斐なさやできなさに悲観的だったけれど、今はありのままの私を受け入れられているからね。

 

そんなところだけかよと思われるかもしれませんが、私にとってはそれすらもできていなかったので少しだけど進化したはずなのよ。

 

こんなクズで人として愚かだけど、大学に入って良かった。

 

冷静に見られるようになったり、考えられたり、品性というものや、道徳や倫理を学ぶ機会を得られて良かった。

 

高卒で働いていたら、今頃は品性、道徳や倫理もない、自分がわかっていない主観的なクズでプログラミングのできないプログラマになっていただろうから。

 

ただただ、それを思えばスランプに落ちてる今の状況も許せる気がする。スランプになったとしても自分を許さないとね。

 

許してくれるのは自分だけだし。

 

とりあえずね、そんなクズな人間の記録なのですが、今までお読みいただいた全ての方に感謝して終えます。

 

続けることのメリットは記憶を保管できることかな

 

記憶保管ツールの提供、ありがたき幸せ感謝しておりマフ、、、

 

 

あ、ただ私がこの世で一番感謝してるのは彼氏さんです(余計な一言)

広告を非表示にする