個人的な考えと思い込み

2016年の12月28日からスタートしたブログ。思い込みと感想を交えているため読みにくい記事ばかりですがお付き合いくださいませ。

よしよししたくなった

彼氏さんが修論発表が終わったみたいで、こちらもすごくホッとしました。

 

修論発表後に飲み会があったみたいで、酔いながら連絡をくれました。

 

そんな彼氏さんの行動に愛を感じちゃう(*´д`*)

 

でも、彼氏さんは酔い過ぎてるみたいで、言葉がわからなかった。まるで暗号のよう。

 

かえきかあさたあたな

 

意味を聞いてもスルーされちゃった。

 

すっごいよってそう。大丈夫だったかな?

 

しかも、酔いが覚めた後四時に連絡が来ててなんだか笑っちゃう。

 

私ともお酒飲みながら、またお話ができたら良いなって思った。最近、私がお酒飲まなくなったからなのかなあ…寂しい。

(そもそも彼氏はお酒飲まないタイプなんだけどねw)

 

酔った彼氏と話したいな。昨日話せたといえば話せたけど、直接話したいな。

 

可愛かったから。でも、彼氏さんは私が酔っちゃったのを心配しちゃって、自分は酔わないって感じだから酔った姿が見られないの。

 

(´・ω・`)

 

話が変わる

 

卒論で思い出した、とあること。

 

そういえば昨年みた卒論発表は、レベルがひどかった。この学部じゃないよねという感じでした。

 

  1. Bluetoothの通信距離を測ってみたよ! 
  2. Twitterでつぶやけるようにできたよ!
  3. Twitterってすごいと思う考察
  4. 去年の研究の部分を3行書き換えたよ!
  5. とりあえずアイデアだけ考えたよ!
  6. 間違えにくいパスワードを考えてみた!
  7. 打ち間違い防止のキーボード作成!*1
  8. テーマは「ハッキングされないパスワード生成のためにどんな乱数生成しようかな」なのに、発表が「心理学的にパスワードを考えよう!*2
  9. 先生に作ってもらって、モーターでここが動くみたいなやつができたよ!
  10. ニコちゃんマークメモできるアプリ作成!

 

すごく、キャラがこかった…

 

まあ、そんな彼らも卒業したわけで、卒業は楽なのかと思えた。

 

しかし、私が昔お世話になっていた研究室の卒論発表者数が、留年してない人すら発表させない鬼畜な感じになっていた。

 

あれ、あの研究室10人定員で、10人中5人(うち3人留年)しか発表してない…?

 

しかも、うちの大学の研究(前述参照)クソすぎるのに、あの研究室だけは最先端でマジでキチッテルすごいやつばかりって感じでした。

(こりゃ、私もリタイアしますわ…)

 

そういえば、この研究終わったみたいだけど、そういえば国際会議で発表できるレベルらしくて、論文提出させてたんだっけか…とか思うと、自分の研究室ではない気がした。

 

他の研究室では留年者数少ないし、卒業もさせてるのに、 …純粋に怖い。

 

うちの大学はすごくゆるいため、卒論発表は「これ、10分もかからないで完成する(HAHAHA★」でも卒業できていたのに、その研究室だけは違うらしかった。

 

そういえば、東大の先生と話した際にこんなことを言っていたのを最後に持ってくる。

 

東大の教授「(この研究室が研究している某理論の名前)は、院生でもさらにすごいと思える学生以外に勧められない。学部生にこの理論に手を出させると可能性を潰してしまうだろうから。そのくらい難しいし、選ばれた人しかできないと思う。」

*1:これは学科が違う気がした

*2:アンケートを取って発表しただけという

広告を非表示にする