個人的な考えと思い込み

2016年の12月28日からスタートしたブログ。思い込みと感想を交えているため読みにくい記事ばかりですがお付き合いくださいませ。

宗教について思うこと

余計な前書き

 

私に関係なければ、どの宗教も「信教の自由」という観点から自由にして欲しいと思っていたものでした。

 

そのスタンスでいたら痛い目を見ました。

 

昔8ヶ月付き合っていた彼氏に8ヶ月たってから某新興宗教の信者だと知らされたのです。

 

しかも、デートでその教会?の目の前に行って勧誘されるし、政教分離なのに投票しろというのをみんなに連絡したり、熱狂的な信者すぎて引く…

 

なんか、宗教的な用事の日はあってくれないし、なぜかその時の言い訳が集まりがあって宗教してるとは言わないわ、理由も言わないわです。

 

何とか大学()にお兄さんが通ってるらしくて、一家全員なんですよ。石を投げればそういう人たちに当たるね。

 

付き合った最初に言えよ、人の時間を無駄にしやがったなという感想がすごく出てる。思い出すと嫌になるけど、最近その宗教が話題になってるから思い出しちゃった。

 

 (でも別れた当初に、周りから責められまくった。お前は許容しない酷い人かと。だったらお前らがカルト教信者と付き合えよ。バーカとは思った。)

 

ニュースで出ないでくれよ、思い出したかもない元彼思い出してマイナスになってしまうから。

 

今思い出しても心からクソすぎる人だった思ったり、宗教こわいという考えで宗教関連のものを見るだけで、足がすくむようになった原因です。

 

また、元彼は同級生には猫をかぶっていたから、私の言葉や感情は理解されなかった。それが悲しかったから、それもある意味クソだったんだよ。

 

マスコミに思い出させられるたびに呪います。なので、一生呪います。

 

今の彼氏が「他人に迷惑をかけないと認めてくれない神を崇めないと、精神を落ち着かせることができない」人ではなくてよかったと思います。

 

むしろ論語的なスタンスなので、それは悪しき考えだと思っているところがすごく助かります。

 

私はそういう思想の方が近しいので、新興宗教のスタンスは苦手なのです。

 

喧嘩売りすぎましたが

 

ここらで私に殺意を持っている人へのクールダウン?で、私の考えを述べます。

 

宗教は自由です。それは尊重します。

 

信じるものは何でも良いです。私なら宗教とは捉えられないですが、論語の世界を信じています。キリスト、イスラムユダヤ、その他の方々、誰でも信じて良いです。

 

むしろ、宗教家は心を救うためのノウハウを提供しているはずですから、悪い部分は切り捨てて、自分でいいところを見出せれば良いと思います。

 

大川隆法さんだってよく人からネタにされますが、あんなに信者がいるということは、いいことがあるのでしょう?いいことを吸収できるのならばそれを吸収なさい。池田さんも同じく。

 

でも、すべて鵜呑みにしろとは言わない。むしろ、どんな相手であろうと言葉は鵜呑みにすべきではない。

 

それは親でも兄弟でも共通している。

 

言葉を吟味して、考えた結果「この部分は参考になるな」と気づけたら、それがベストです。しかし、考えないでおもて面の言葉だけ信じて行動している人もいます。

 

例えば、政教分離という基本的な考え方が欠落した状態で、みんなに「●●党にいれてね」という行為は、それに当てはまると思います。

 

「この行為迷惑なの?」と思う人に補足

 

政教分離の根本的な大切な要素としては、ヒトラー政治を操るために宗教を利用した過去があるから「後世にヒトラーを生まないために」作り上げたものです。

 

言い換えれば、宗教が政治をすると、独善的な言葉であったとしても国を乗っ取れるだけの力があるということです。

 

補足終わり

 

政教分離の理念は大切です。

 

政教分離を考えずに行動していたので、元彼に指摘したところ「●●の宗教の人間が、●●党に入れて欲しいというのが政教分離に反するなんて、そんなの許されるよ」とかいう謎暴論を吐かれてしまいました。

 

まあ、もちろん考えた上で乗っ取りたくて行っていたのでしょうから、国を乗っ取りたい教団は愚かな言葉を信者に投げかけているのではないかと推察できます。

 

なぜなら、本来宗教というものは「人を尊重しようね。尊重すれば尊重されるからね」という言葉を伝えるための媒体なのであるし、その媒体を囲ったネットワークでお互い傷つかなくて済むねと自己満足するためだけの存在であるからです。

 

私だって、使い方によっては宗教はすごく頭のいいものだと思います。しかし、大体の人は宗教に振り回されているだけなので、宗教を賢く使えていません。

 

宗教に頼るのは「願掛け目的」だけでいいのでは?

 

宗教に頼るのは、全てではダメだよ。それは思考を停止してると思う。

 

また、自己満足を押し付けるのは相手を尊重できていないことを示します。尊重とは、あくまで相手が相手であることを認めて許すことだからです。理想を押し付けるのは、相手を認められていない証です。

 

理想を押し付ける人、冷静に考えると「自分自身に余裕のない人」が多くありませんか?

 

自分自身に余裕のある人なら、押し付けてくることはないのです。

 

理想を押し付けて、無理やり勧誘するのは余裕のない宗教だけだと思います。余裕のある宗教の信者が果たして勧誘して、信者を増やそうなんて思うのかと言われれば、そんなことをしていないのです。

 

例えば、キリスト教、それもカトリックの人が訪問勧誘してきますか?そんなことはしてこないと思います。

 

危うい宗教ほど、政治に参加したがるのが日本の政治だと思います。オウム真理教とか、某学会とか、ハッピーな科学とか、信者を増やそうと勧誘している新興宗教が多いように感じるのです。

 

別に、自分たちで勝手にやるぶんには好きになさってください。某女優さんのように人生が辛くて出家したいのは、他人様に迷惑をかけないのならばご自由にしていただければ良いと思います。

 

むしろ、自殺することがないなら宗教でもいいのかもしれない。死ぬのだけは辛いから。

 

まあ、そんなもんで?私は元彼に「憲法と法律違反を厭わないで、考えを改めない地点で人を尊重できていないから、普通の宗教の倫理的なルールの部分に相反してるな。だから貴様の宗教はカルト教だ。」と言ったらキレられた。

 

まあ、私の言い方は失礼なのは認めます。

 

でも、周りのすべての人を考えた上で行動する理性は大切だと思います。

 

そもそも教義に「周りのみんなのことを考えて、行動すればみんな幸せになれる」とかいうものもあるはずなのに、そんな基礎的なことをできていないのは信者としてどうなのという疑問もあります。

 

信者同士しか周りのみんなの定義に当てはまる人はいないのか?

 

そんなその宗教限定でしか幸せにしない神様なら、胡散臭すぎるから信じない方がいいよ。神様はどんな相手であれ、みんなを救うから神様なのではないかな?

 

普遍的な真理を理解しないまま、考えないで教祖様のありがたいお言葉通りに動くのは間違ってるよ。

 

教祖様が悟りを開いてる、とするならば、教祖様の言葉はおそらく真理をついているだろうし、また真理をつく言葉は洗練されているから世間から迷惑だと思われず、誰にもバカにされない言葉なはずだから。

 

それを踏まえて、自分の宗教を改めて見るとどうなるだろうか。

 

それでも、まだ考えないで行動するのか?

 

考えないで行動するのは迷惑な行為を引き起こしますし、独善的なことをしている自覚を持たないまま行動に走る傾向にあると思います。

 

これは宗教に関わらず、考えないと人はそういう行動を取る傾向にあるように感じます。

 

人に迷惑をかける行動は、個人の自由で保証されているわけではないです。

 

日本国憲法が定める自由に他人の自由を奪って良い権利は書かれていないはずです。お互いがお互いの自由を尊重することが大切であるという趣旨のものが書かれているのではありませんか?

 

1つだけいうとすれば、堂々と言えない宗教はカルトなんですよ。人前でいっても恥ずかしくなく堂々とさえできれば、その宗教はカルトじゃないでしょ。

 

宗教を誇りに思い堂々とできるのならば、いい宗教だよ。

 

その宗教が悪い宗教だったり、後ろめたいものがあったりするから、人に堂々と言えないんだよ。

 

それを見極めた上で、自分の行動を改めて欲しいと思った。

 

グダグダでしたが、ストレス発散できた。ありがとうございました。すぐ消えると思います。

広告を非表示にする