個人的な考えと思い込み

2016年の12月28日からスタートしたブログ。思い込みと感想を交えているため読みにくい記事ばかりですがお付き合いくださいませ。

バレンタインでした

(アプリの不調で、写真掲載はできなくなりました。後、何故か送信したデータが消えたので書き直しです)

 

サーバーエラーですって。いつもないから驚いちゃった!

 

f:id:takekawashino:20170215000040p:image

 

これは酷いですね(´・ω・`)

 

サーバエンジニアさん、頑張ってください…!

 

ヾ(*´∀`*)ノ゛

 

今日はバレンタインで、私が呼び出して彼氏さんと会いました(笑)

 

 前日に早めに帰ってから作ったのですが、いつも私に酷評ばかりしてくる親兄弟から美味しいと言われたので、少しだけ自信のあるお菓子を作りました。

 

ただ、渡す前は自信がなくなってしまったので、彼氏さんの反応が少し楽しみであり、怖かったです。

 

彼氏「美味しいね。ありがとう」

 

この発言を聞いて、とてもホッとした後に、すごく嬉しくなりました。本当に彼氏さんの言葉にはご褒美性があって嬉しいのう。

 

あーん、しちゃった。すごく幸せだった。

 

やっぱり、彼氏さんの笑顔が好きだわ。今の私は彼氏さんを幸せにできているか不安だけど、彼氏さんを見ているとこちらは幸せになれるみたい。

 

彼氏さんがとっても素敵で、なんだかぎゅーってずっとしていたくなった。

 

それでね、彼氏さんと話している時にこんなことを言われたの。

 

彼氏「卒論発表が終わったら、研究室の掃除だなあ。」

 

この言葉を聞いて、彼氏さんが卒業していなくなるのが近いのがわかって悲しくなりました。

 

彼氏さん「席がなくなるから研究室から居場所がなくなるの。清々しい気分になる。」

 

そう言っていたけど、彼氏さんに少し思ったことを伝えて見ました。

 

私「でも、私はあの席で話をしてくれたあなたに片思いをしたいたわけだし、寂しいなあ」

 

彼氏さんからニコニコされちゃいました。すごく優しい表情をしていたので、とても幸せなの。

 

でも1つだけ言えなかったことがあって、彼氏さんから「過去に男の人と話した情景が伝わりそうで嫌だ」と言われそうで言わないのだけど、こんなものが。

 

先輩「武川さんがこの研究室に入ったらどの席のポジションにするの?」

私「私はあの席に行きたいんですよね」

先輩「なんで?」

私「他の研究室なのですが、私の尊敬していて憧れている先輩があの位置で作業していて。少しでもその先輩のことを思い出せる席だと、なんだか嬉しいなあって。」

先輩「へえ…」

 

一年半前に当時お世話になっていた研究室の先輩と話した際に、言っていたやりとりかな。

 

(彼氏に散々、男のいない研究室であることを言ってしまっていたので、二度と話せない空気になってる。自業自得だけどな!)

 

追記:彼氏から「そういうことは言って良いよ」と許可をもらえました。

 

一年半前から好きだったのかな…あの当時は「本当に見た目も声も性格も素敵な人相手と話せているのだから、彼女もいそうだし、恋愛感情で接するのはなんだかなあ」と思って、恋愛感情ではないと思ってたけど。

 

今は彼と付き合えて、当たり前のような存在だと時折勘違いしてしまいそうだけど、本当に付き合えてよかった。

 

自分の本当に素敵だと思える人といられるのは、本当に心が穏やかでいられる。

 

というか、こんなに幸せでいいのだろうか。

 

彼氏さんはどんな時でも優しいし、ちょっとたまにわからないことがあるけど、そんなところはこちらから受け入れたいなって思える人で本当に良かった。やっぱりうちの彼氏最高だわ。

 

優しいし、見た目も素敵だし、声も好きだし、傷つけてこないし、安心感を与えてくれるし、包容力があるし、趣味友としてもかなり優秀な人だし、わからないことを教えてくれるし、万能戦士かよ(真顔)

 

いや知ってた、すごい人でかつ優しいのも知ってた。よく私と付き合ってくれるなあってよく思う。そんな恵まれてる環境だし、今はとても幸せだなあ。

 

彼氏さんを好きだった人っぽい人をまた1人観測したので、その人を振り向いてしまわないくらいの魅力をつけなきゃなってまた思った。

 

素敵な彼氏と付き合うのもなかなか気は緩まないけど、緩まないからこそ尊重し続けられてるのかな。ありがたいことだ。

広告を非表示にする